齊藤正史さんがニュージーランドトレイル「テアラロア」を踏破。

2015年3月13日

2014年10月24日ニュージーランド北島の北端ケープ・レインガからスタートしたハイカーMASA(齊藤正史)が2月5日に南島の南端ブラフに到着し、全行程約3,000kmに及ぶ「テアラロア」を踏破しました。テアラロアは北島と南島を縦貫する2011年に開通したロングトレイルです。ビーチエリア、高地エリア、市街地エリアなどさまざまなエリアを通過する旅となります。今回のトレイルは体を冷やす雨の日が多く体調管理も大変でしたが、みなさまの応援のおかげで無事踏破することができました。

下記URLより旅の模様をご覧いただけます。

齊藤正史オフィシャルサイト http://longtrailhikermasa.blog.fc2.com/

BE-PALweb http://www.bepal.net/outdoornews/travel/masa/

齊藤正史

山形県在住

Long Trail Hiker(ロングトレイルハイカー)

NPO法人山形ロングトレイル理事

山形にロングトレイルをつくる活動及びロングトレイル普及と 指導委として山形県朝日少年自然の家での活動を行なっています。

2005年: アパラチアン・トレイル(アメリカ)踏破

2006年: 山形県朝日少年自然の家でボランティア活動を始める。

2012年: パシフィック・クレスト・トレイル(アメリカ)踏破

2013年: コンチネンタル・ディバイド・トレイル(アメリカ)踏破

※日本人二人目のトリプルクラウナーとなる。

2015年: テアラロア(ニュージーランド)踏破

国内外のトレイルを歩く中で、自然保護とレクリエーションの両立を体現するトレイル文化や、地域住民と協力して地元の自然遺産を守ることを体験し、その経験をもとに日本でのロングトレイル文化の普及と故郷・山形にロングトレイルコースを整備することを目指して、齊藤さんは歩き続けています。

前回のコンチネンタル・ディバイド・トレイルにつづき、今回のテアラロアも燃料入手が不確定要素になるため、調理用ストーブは自動車用レギュラーガソリンが使用できる「MUKAストーブ」を選択しました。

Comments are closed.